【文楽】操り人形浄瑠璃の代表作品一覧【人間国宝一覧も】

操り人形浄瑠璃専門の劇場の名を文楽(ぶんらく)と本来言われている。
江戸時代から過去の出来事を扱った「時代物」と江戸時代のことを主題にした「世話物」がある。

有名な文楽(人形浄瑠璃)作品一覧
【時代物】

攝州合邦辻 (せっしゅうがっぽうがつじ)(合邦)
恋女房染分手綱 (こいにょうぼうそめわけたづな)(重の井子別れ、恋女房)
良弁杉由来 (ろうべんすぎのゆらい)
妹背山婦女庭訓 (いもせやまおんなていきん)(妹背山)
本朝廿四孝 (ほんちょうにじゅうしこう)(廿四孝)
平家女護島 (へいけにょごのしま)(俊寛)
壇浦兜軍記 (だんのうらかぶとぐんき)(阿古屋琴責め)
生写朝顔話 (しょううつしあさがおばなし)(朝顔日記)
菅原伝授手習鑑 (すがわらでんじゅてならいかがみ)(菅原)
新薄雪物語 (しんうすゆきものがたり)(新薄雪)
嬢景清八島日記 (むすめかげきよやしまにっき)(嬢景清)
国性爺合戦 (こくせんやかっせん)(国性爺)
御所桜堀川夜討 (ごしょざくらほりかわようち)(御所桜、弁慶上使)
源平布引滝 (げんぺいぬのびきのたき)(布引、布引滝)
傾城反魂香 (けいせいはんごんこう)(吃又)
近江源氏先陣館 (おうみげんじせんじんやかた)(近江源氏)
義経千本桜 (よしつねせんぼんざくら)(千本桜)
祇園祭礼信仰記 (ぎおんさいれいしんこうき)(信仰記、金閣寺)
鬼一法眼三略巻 (きいちほうげんさんりゃくのまき)(鬼一法眼)
鎌倉三代記 (かまくらさんだいき)(鎌三)
絵本太功記 (えほんたいこうき)(太功記)
花上野誉碑 (はなのうえのほまれのいしぶみ)(志渡寺)
加賀見山旧錦絵 (かがみやまこきょうのにしきえ)(鏡山)
伽羅先代萩 (めいぼくせんだいはぎ)(先代萩)
仮名手本忠臣蔵 (かなでほんちゅうしんぐら)(忠臣蔵)
奥州安達原 (おうしゅうあだちがはら)(安達原)
一谷嫩軍記 (いちのたにふたばぐんき)(一の谷)
伊賀越道中双六 (いがごえどうちゅうすごろく)(伊賀越)
芦屋道満大内鑑 (あしやどうまんおおうちかがみ)(葛の葉)
ひらかな盛衰記 (ひらかなせいすいき)(盛衰記、逆櫨、源太勘当)

【世話物】

壺坂観音霊験記 (つぼさかかんのんれいげんき)(壺坂)
冥途の飛脚 (めいどのひきゃく)(梅川忠兵衛)
堀川波の鼓 (ほりかわなみのつづみ)(波の鼓)
双蝶々曲輪日記 (ふたつちょうちょうくるわにっき)(双蝶々)
曾根崎心中 (そねざきしんじゅう)(お初徳兵衛)
新版歌祭文 (しんばんうたざいもん)(お染久松)
心中天網島 (しんじゅうてんのあみじま)(天網島)
心中宵庚申 (しんじゅうよいごうしん)(お千代半兵衛)
碁太平記白石噺 (ごたいへいきしらいしばなし)(白石噺、碁太平記)
桂川連理柵 (かつらがわれんりのしがらみ)(桂川)
近頃川原の達引 (ちかごろかわらのたてひき)(お俊伝兵衛、堀川)
夏祭浪花鑑 (なつまつりなにわかがみ)(夏祭)
艶容女舞衣 (はですがたおんなまいぎぬ)(酒屋)

【人間国宝の一覧】

鶴澤寛治 桐竹紋十郎 常磐津文字兵衛 島岡達三 山田抄太郎
鶴澤燕三 高村豊周 清元寿兵衛 田中傳左衛門 大場松魚
齋田梅亭 竹本綱大夫 鈴木藏 鎌倉芳太郎 三輪壽雪
櫻間道雄 西出大三 隅谷正峯 江里佐代子 豊竹山城少掾
豊竹若大夫 松本惠雄 寺井直次 加藤卓男 富崎春昇
納富寿童 鹿児島寿蔵 石黒宗麿 高橋敬典 室瀬和美
藤原啓 中里無庵 荒川豊蔵 小森邦衞 近藤乾三
田口善国 常磐津英寿 吉田文雀 高橋貞次 森茂好
清元榮壽郎 茂山千作 川崎九淵 宝生閑 富本憲吉
常磐津文字翁 藤田大五郎 竹沢弥七 三浦小平二 藤間藤子
松井康成 竹本住大夫 杵屋巳太郎 吉住小三郎 黒田辰秋
三輪休和 大隅俊平 松本謙三 山本邦山 伊勢崎淳
香取正彦 北村昭斎 伊勢崎陽山 清元榮三 津村禮次郎
幸祥光 清水卯一 宝生弥一 中能島欣一 望月朴清
後藤得三 藤本能道 加藤土師萌 中川衛 山本陶秀
金城次郎 三川泉 吉田美統 志村ふくみ 濱田庄司 金春惣右衛門
金重陶陽 米川文子 本阿彌日洲 清元榮三郎 青木鈴慕
宮城喜代子 富山清琴 米川敏子 松田権六 角谷一圭
吉村雄輝 竹本越路大夫 鈴田滋人 伊藤赤水 野村万作
喜多村緑郎 塚本快示 清元志寿太夫 平田郷陽 杵屋五三郎
永山光幹 近藤悠三 小宮康孝 前史雄 吉田玉男
宇治紫文 海野清 花柳章太郎 芹沢けい介 島原帆山
井上萬二 藤原雄 杵屋栄左衛門 小川規三郎 鶴澤清治
粟谷菊生 今藤綾子 友枝昭世 宮入行平 一龍斎貞水


人気記事TOP10!


新しい記事